SSブログ

SONY SO502iWM(DOCOMO) C404S(au) 2000年 Part2 [携帯電話(スマートフォン)]

auから発売されたMGメモリースティック採用のオーディオプレーヤー機能
DSC09581.JPG
デザイン的にはSONYらしいデザインで従来の折りたたみ式とは違っていた。 9582
DSC09582.JPG

16和音の着信メロディ(SO502iWMは5和音)、位置情報サービス「ezナビゲーション」に対応し、スケジューラーなどの機能を装備していた。
DSC09588.JPGDSC09610.JPG

左側。 
DSC09591.JPG

右側、音声入力端子で光ミニプラグとステレオミニプラグ兼用でした。 
DSC09590.JPG

本機もMGメモリースティックスロットを搭載し、オーディオプレーヤーとしても利用できた。(現在のように音楽配信サービスは対応していないため独自に音楽ファイルの作成が必要でした。)
DSC09592.JPG
 
テンキーの配置。 
DSC09615.JPG

こちらもセンタージョグを中心とした操作系。メニューは本機のほうが使いやすい。 
DSC09600.JPGDSC09609.JPG

同時期に発売したauのSO502iWMとほぼ同等。デザインもに非常に似ているが、アンテナやイヤホンの位置、ボタンのデザインが異なる。 こちらのほうがデザイン的はまとまっている感じがします。 
DSC09595.JPGDSC09596.JPG

MGメモリースティック周りも音楽メーカーらしいデザイン。 
DSC09616.JPG

メモリースティック部とイヤホン端子。 
DSC09617.JPGDSC09618.JPG

操作系。(画面)音楽再生時に曲名を表示できた。 
DSC09619.JPG

付属のリモコンは通話時はマイクも兼ねていた。 
DSC09620.JPG

本体スペックは
サイズ(高×幅×厚) 102×50×27mm(折りたたみ時)
重量 約120g
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約180時間
充電時間 約100分
ディスプレイ 120×160ドットの256色反射型カラーSTN液晶
表示文字数 全角10字×8行(80文字)、全角8字×7行(56文字)
メモリダイヤル 500件(1件につき、電話番号3個、住所1個、メールアドレス2個、URL1個、写真1個)
リダイヤル・着信履歴 30件
データ通信速度 14.4kbps(EZweb/パケット通信)
オプションのPacketOne64で最大64kbpsの通信も可能
ボディカラー シルバー
DSC09598.JPG

SO502iWM、C404Sどちらともキャリアの制約がありながらも質感は高く、ウォークマンケータイとしての完成度は高かったデバイスでした。 
DSC09624.JPGDSC09631.JPGDSC09632.JPGDSC09625.JPG

携帯として価格も高かったこともありましたがこれ以降、同様な後継機種が発売されなかったのが非常に残念でした。現在のSONYはこの時期のような斬新なデバイスが開発されにくい環境になっていることは非常に残念です。 
DSC09635.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0