So-net無料ブログ作成

VAIO PCG-881 (Sony) 1999年 [VAIO]

A4ファイルサイズVAIO。前回のSDカードによるSSD化に使ったA4サイズのVAIO。初代から変更は少なく個性的だったVAIOデザインが特徴。9782
DSC09782.JPG
CPUがMMXPentiumからモバイルPentiumⅡ(266NHz)へスペックアップしドッキングステーション経由でDV接続が可能(実用的)となったVAIO 
DSC09785.JPG

AVメーカーのソニーらしく液晶下には大きめの内蔵スピーカーを装備していました。 
DSC09788.JPGDSC09789.JPG


このスピーカーの位置デザインが個人的には絶妙?で気に入っていました。 
DSC09790.JPG

スライドパット部。当時は使いやすい部類でした。 
DSC09786.JPG

キートップからパームレスト部。筐体自体がB5サイズの505より安定しているためキーボードもストロークも深くタイピングしやすい。
DSC09791.JPG

DSC09792.JPG

正面左側、バッテリー、ハードディスクベイ、マイク、ヘッドホン端子が並んでいます。 
DSC09794.JPG

DSC09795.JPG

ハードディスクは前回もご紹介しましたがユニット式。4.3GB  
DSC09797.JPG

背部です。背部は各種端子が豊富。これにドッキングステーションを付けるとディスクトップ並。SCSI端子もありました。 
DSC09798.JPG

右側。マルチベイ(CD-ROM、FD、ダミー)とPCカードスロットなど 
DSC09799.JPG

この特有のマルチベイ(マルチパーパスベイ)は装着デバイスがホットスワップ(起動状態で入れ替え可能)が出来、利便性も向上していました。 
DSC09803.JPG

24倍速CD-ROMとFDユニットがありました。 
DSC09804.JPG

VAIOのロゴも彫り物になっているのも特徴。 
DSC09777.JPG

液晶は12.1inchのTFT液晶(SVGA)。 
DSC09807.JPG

この世代からはWindows98。メモリも最大量搭載しているのである程度快適に動きます。 
DSC09809.JPG

CPUPentiumⅡ プロセッサ (266MHz )
チップセット:430DX PCIチップセット 430TX PCIチップセット
2次キャッシュ:512KB(パイプラインバーストSRAM)
メモリ:標準64MB/最大192MB (SDRAM)
GPU:128ビット高速グラフィックアクセラレータNeoMagic MagicMedia256AV
LCD:12.1型SVGA対応TFTカラー液晶
表示モード:1024×768(65,536色),800×600, (約26万色),640×480(約26万色) 800×600, (約26万色),
FD:3.5インチ(1.44MB/ 1.2MB, /720KB) FDD×1, リムーバブル 3.5インチ(1.44MB/ 1.2MB, /720KB) FDD×1, リムーバブル
HDD:2.1GB
CD-Rドライブ:最大20倍速(平均12倍速)オプション
外部接続端子:キーボード/マウス(PS/2)×1,シリアルポート×1,プリンタポート×1,赤外線ポート×1,USB端子×1
オーディオ入力,コンポジットビデオ入力×1,外部ディスプレイ出力端子,ヘッドフォン出力端子×1,ドッキングステーション用コネクタ×1
PCカードスロット:Type III×1またはType II×2
オーディオ機能:Sound Blaster PRO互換,ステレオスピーカ Sound Blaster PRO互換,
ステレオスピーカ
内蔵FAXモデム:33.6Kbps(V.34)/14.4Kbps(FAX時)
ポインティングデバイス:タッチパッド 
DSC09812.JPG

VAIOはどちらかと言うとB5サイズの505シリーズが爆発的に売れましたがその陰に隠れながらも堅実にスペックアップしDV系アプリなどはA4シリーズのほうが現実的に使えました。 
DSC09814.JPG

AV機能に特化しながらも基本的な機能はしっかりとしていて、仕事でもプライベートでもマルチに使えたのがこのシリーズの特徴でした。 
DSC09821.JPG


【関連記事】
PCG-705 1997年
PCG-719 1997年
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。